2008年3月30日

キリンジ/悪玉(2000)

作詞:堀込高樹
作曲:堀込高樹
編曲:冨田恵一、キリンジ


キリンジの3枚目のアルバム「3」からの1曲です。キリンジは堀込高樹・泰行の堀込兄弟によるデュオユニットです。その高度な音楽性とポップさから「日本のスティーリー・ダン」なんて言われたりもしています。

この曲の主人公はあるプロレスラーです。

彼はいわゆるヒール(悪玉)です。観客からも罵声を浴びせられ、どんなに大暴れしても最後には善玉レスラーにやっつけられて負けてしまう運命にあります。

彼には息子がいます。彼はレスラーという仕事には誇りを持ってはいるものの、一方で情けなく負けてしまう自分の姿を、息子はどう見ているのだろうと気に病んでいました。本当は強い自分の姿を息子に見せたい、でも悪役である自分が活躍する訳にはいかない、そんなことをしたらプロモーターから首を切られてしまう、そんなジレンマとずっと闘ってきたのです。

そんな彼は一大決心をします。一度だけ、自分が現役の間に一度だけ、息子に「お父さん勝ったぞ」といいたい。それを実現させようと。

相手は売り出し中の若い善玉レスラー、本気で闘ったら到底負ける相手ではない。でも、この試合は既に結果は決まっているいわゆる「八百長試合」、始めから負けることが決まっているのです。
で、彼はこの八百長試合をひっくり返してやろうと考えたのです。

ただ、それを思いっきりやってしまっては問題がある、そこで彼は一計を案じました。試合の自然の流れの中でたまたまうまく体重移動をして、偶然フォールしてしまったかのように見せかけて、3カウント取ってしまったのです。

売り出し中の若手に土がついてしまい、面白くないプロモーターは憤慨して席を立つ。
観客は「なんでこんなやつが勝ったんだ」と大ブーイング。

でも彼には見えていました。
父の勝利に目を輝かせている息子の顔が。



と多分にオレの思い入れも入っていますが、こういう歌詞の歌です。

キリンジのファンの皆さんの間では、キリンジの歌詞にはダブル・ミーニングがあるということで深読みされることも多いと聞いています。
でも、プロレスファンのオレとしては、この曲に関してだけは直球ストレートに読ませてもらおうと思っています。
なんか、普通に、ええ話やん、と。

0 件のコメント: