2008年6月9日

柴田淳/なにもない場所(弾き語り)(2003)

作詞:柴田淳
作曲:柴田淳
編曲:柴田淳


先日友人がカラオケで歌ってくれたので、この曲を取り上げてみます。

柴田淳はこれまた周りの友人に触発される形で聴くようになりました。オレの印象としてはとても「真っ当」なポップスを作る方だという印象です。何か「J-POP」という括りよりもかつての「ニューミュージック」という括りの方が似合うような、そういう懐かしい感じすらします。
女性らしい歌詞をしっかり紡いで優しいメロディに載せて歌う、今の世の中意外とあるようでない感じ、おまけにご本人が非常に綺麗な方で、それにときめく男子も多数いると聞きます。

で、この曲は題名にもあるとおり全編ピアノの弾き語りです。

ピアノの伴奏のみ、というのは「ピアノのみ」というだけで何か「雰囲気」のようなものを出せるのですが、それだけに「雰囲気」以上の力のある伴奏というのはなかなか難しく、相応のテクニックとセンスが必要だろうと思います。
ただ、この「弾き語り」というヤツは不思議なもので、そういうテクニック的なものを凌駕して、演奏が説得力を宿すことがよくあります。
歌っている人の気持ちが必然的に演奏にも乗っかってくるからでしょうか、弾き語っている人が歌に集中していればいるほど伴奏も説得力を増していくような気がします。

この曲についてもそういう空気が伝わってくる感じがします。
柴田さん、ピアノうまいですが、本職のキーボーディストというわけではないです。
それでも歌詞に描かれたドラマを自分の声と指で丁寧に織り上げることで、曲全体の説得力をより力強いものにしています。

歌詞としては、誰かを傷つけ、それでも愛する人と生きることを決意した女性が主人公です。
その決意がどういう類のものなのかは、いろいろと解釈のしようがあるのですが、「決意した」といっている傍から不安を全然打ち消せていないことがありありに伺われ、それゆえ「決意」の歌ではなく、「懇願」の歌になっています。

それで前から気になっていたのがこの曲の題名です。
この題名は歌詞中に1回だけ「今 見つめる先は 不安も孤独もなにもない場所」というところで出てきます。

たぶん、見つめる先はこれから二人で向かう場所を意味しているのでしょう。
で、「不安も孤独もない場所」であればすんなり入るのですが、何故わざわざそこに「なにも」と付けたのか。

素直に「不安も孤独も(自分を苦しめるものは他に)なにもない場所」と解釈するには何かもうワンクッションないといけない気がするのです。

タイトル自体「なにもない場所」なのです。これ単体で何かを指し示していると見るのが自然な感じがします。

オレはここに主人公の「罪悪感」が潜んでいるのかなと思うのです。

相手といっしょにいることで不安も孤独といったネガティブなものはなくなるけど、その代わり得られるはずの喜びや楽しみにも、常にそのために払われた犠牲の影を見てしまうようになる、そういう贖罪意識を背負って見る先には二人で一緒にいる、ということ以外の未来が見えない、だから「なにもない場所」(不安や孤独もないけど、その他にも何もない=見えない)なのかな、そんな主人公の心情を表しているのかなと解釈するわけです。

だから「つかまえていて 離さないで」と懇願し、「こんな私はあなたなしじゃ生きていけないの」という締めにつながるかなと。

まぁ、過剰な深読みですが、そうだとするとタイトル自体に意味が見出せるな、と思った次第です。
結構この歌詞は何通りかに読むことができて、よい話のタネにできます。
皆さんも暇なときにやってみると面白いですよ。



先日友人がカラオケでこの曲歌ってくれた時、それを聞いていた別の友人が、

「いい曲だけど、女をこんな気持ちにさせるような男はダメだ」

と断罪していました。

勉強になります。

0 件のコメント: